新着
 4月26日(金) 1年次は「加護坊山探検!」の予定でしたが,あいにくの雨のため中止となり,体育館でスポーツ大会を行いました。1年次を3組に分け,①玉入れ競争②おたまリレー③ボールリレー④雑巾がけリレー⑤トラブルリレーの5種目で争いました。  どの種目においても,生徒1人ひとりが今持っている力を十分に発揮し,またチームごとに一致団結して戦うことができました。生徒たちは今まで知らなかった友人の特技を知ることができ,また今まで会話を交わすことのなかった級友と交流できたりと,とても充実した時間を過ごすことができました。  競技終了後は班ごとに協力して炭をおこし,バーベキューを行いました。加護坊山の四季彩館に準備していただいた肉・野菜・おにぎりのほかに,班によっては焼きそばを作って食べたり,チーズを焼いたり,デザートにマシュマロを焼いたりと,みんなでバーベキューを楽しみました。  生徒たちもそして先生方も,笑顔と拍手の絶えないすてきな1日となりました。       
4月26日(金),2年次生は校外学習で「あの日を知る旅」と銘打って気仙沼へ出かけました。 8年前の東日本大震災の時に,宮城県で何が起こったのかを実感し,防災への心がけを再認識するためです。 あいにくの雨模様でしたが,バスに乗って気仙沼へ出発。 最初の見学先は,「気仙沼向洋高校伝承館」 語り部の方からお話を聞きながら,震災遺構となった気仙沼向洋高校を見学しました。 校舎に取り残されたがれきや,散乱した当時の教科書や学校の備品を目の当たりにし,誰もが地震と津波の恐ろしさを感じていました。     語り部の方のお話を聞き,今自分が生きていること,当たり前に生活できていることに感謝したいという気持ちになりました。そして,この震災での出来事を忘れず心に刻み,そして風化させてはならないと強く感じました。   気仙沼向洋高校を出発し,次に向かったのは「岩井崎」 幸いにも雨が上がり,龍の松や潮吹き岩を間近で見学することができました。肌寒い日でしたが,岩場まで降りて海を楽しんだ生徒もいたようです。  そして最後に訪れたのは,気仙沼観光名所「海の市」 氷の水族館で-20℃を体験したり,シャークミュージアムでさめの生態について...